スポンサーリンク




都合のいい女

クリスマス前なので恋愛の話でも。

すっごい真面目な話になっちゃったけど。

恋愛では弱者になりやすい女子

この世には「都合のいい女」というものが少なからず存在する。

「嫌いでは無いけどさほど会うモチベーションも湧かないし、最初はかわいいと思ったけど思ったより気持ちが盛り上がらなかった。騙すつもりも無かったけど、何でも言うこと聞いてくれるしこのままでもいいか。」

そんな彼に捨てられるのを恐れながら、我慢してビクビクして彼の顔色ばかり伺う女性。

女性は恋愛したら彼一筋!!な方が多い故だろう。

都合のいい女ってのは往々にしてこういう特徴がある。

優しく根が真面目

相手の考えることを先回りしてあれこれ世話の焼く

自分の主張があまりない

相手に嫌なことされても我慢しがち

相手の機嫌を窺いがち

ちなみにわたしはそれらの条件を全く満たしていない。

世話は焼けないし気も効かないし大して優しくもない。

自分の拘りも相当強い。

機嫌は窺うより窺われる方。

どちらかと言えば人に合わせるよりか「貴方がわたしに合わせて下さい」というタイプだ。

だからわたしはモテないのだろう。←それもどうかと思うけど

いいようにされてしまう女性は真面目で優しく頭のいい方が多いと思う。

他人を思いやったり世話を焼いたり気遣いできたりするのはとても素晴らしいことだ。

しかしその愛情を注ぐ相手を見極めることもまた必要なのだと思う。

愛情を注ぐ相手をもう一度よく考えるべき

面倒くさくなったから、別にもともと悪気もなかったけれど側にいてやさしくしてくれるからこのままでいっか。

でも都合が悪くなったらポイッとされる女性の話は古今東西良く聞く話。

いや、なまじそれでも相手に妄執してしまう気持ちはわかる(実行はしないが)からこそ、同じ女性としてはそう言う話を聞くととても哀しい気持ちになる。

こういう女子に一言言いたい。

もっと自分を大事にしよう。

「大好きな人のためなら何でも出来ちゃう、何をされてもいい、死んだっていい!!都合のいい女でもいいからそばに置いておいて。」

そういう気持ちが駄目ってわけでもない。(いや駄目だけど

でもよく考えてみ。

そのお相手は、貴女がそこまで想うほどの価値がある男か?

「かわいいね」だの「あいしてる」だのそんなふわふわした甘い言葉に惑わされているだけじゃないのか?

相手に足りないものを求めるから付け入られる。

本当の本当に幸せになりたいのなら、

自分の人生を確立すること!

そして自分の人生は自分で責任を持つ覚悟を持つこと!!

それが回り道に見えても本当の幸せを掴む大前提。

それができないから変な男に掴まったり都合のいい女になってしまう。

自分を確立出来るようになれば、自分のことをぞんざいに扱う人間なんかに執着しないですむ。

結局人間て自分のセルフイメージみたいなものが低いと相手も釣られて「この子はぞんざいな扱いしてもいい程度の人間なのかな?」と評価してしまい、結局それ相応の態度を取られることになる。

たとえ無意識だったとしてもね。

あまりに自分のことをおざなりにし過ぎているからこういう事態を招いているのではないかと思う。

と言うわけで人に優しくしてもらいたい、愛を貰いたいと考える前に自分をまず確立しよう!

自信を人からもらうのではなく自分の行動によって成立させよう!

とは言うものの、

自分を確立する

要は自分が本気になれる道を探し、目標を設定し突き進むことだ。

それは相当難しいことかもしれない。大人でも出来ていない人も多い。

沢山勉強して

色んな人と沢山接して

時には挫折も経験し…

自分の中でそれらを咀嚼して人生の方向性を定め突き進む。

自己を確立させるとはそういうステップを踏んでいくことだ。

ものすごく面倒な作業だ。一日二日で出来ないどころか一年二年、十年、人によっては一生かかるかもしれない。

でもいったん堅く決心してその過程を経る覚悟が出来たならば、

その瞬間から貴女の人生は変化し

そんなしょうもない男と一緒にいることで得られるしみったれた幸せなんかよりも

もっと大きくて安定して心の底から感じられる幸せを得られるはずだ。

当然だ。それは自らで人生を切り開ける喜びから来る幸福なのだから。

辛くても苦しくてもそういう経験を経ることによってでしか本当の幸せは得られない。

そして、自己を確立し自分だけの道を進む上で本当に自分に必要な人間が誰なのか気づくはずだ。

自分の進む道を心から尊重し応援してくれ、目立たなくても空気のように当たり前の存在だとしても確かにそこにいる。

言葉があるから愛があるとは限らないように、

言葉が無いから愛が無いとは限らない。

世の中、往々にして「本物」は地味で見えにくいものだ。

「やさしさ」もしかり。本当に誰かを労ったり気にかける気持ちは分かりにくいもの。そう言う気持ちに対しても忙しい日常の中でつい感謝も忘れてしまう。

そのことを心の底から理解出来るようになれば、自分にとって本当に必要な人生の伴走者が誰なのか見えてくるはずだ。