スポンサーリンク




「うんちく図鑑」であなたもエジプト博士!?ここが凄いよエジプト文化

ギリギリセーーーフ( ;∀;)

9冊なんとか12月中に読み終えることが出来ました!

今回はボリュームがありすぎて読むのにすごい時間がかかった本をレビューしていきたいと思います。

わたしは父さんが考古学者だからという理由からか、むかしから歴史系のことに結構興味ありましてね。

なんの気まぐれか

エジプト文化と歴史についてお勉強中です!!

エジプトといえばハムナプトラから得た知識しかないわたし(´・ω・`)

ハムナプトラ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)

ミイラにする時内蔵をそれぞれツボに入れるとか

ヒエログリフのコウノトリはアメノファスと呼ぶとか

スカラベは人体を食い荒らすとか

イムホテップは砂漠のパワーで世界を滅ぼすから蘇らせてはいけないとか

エジプトのことは興味はあれどふわふわした知識しかしらない状態←後半はなんか違うし

そんなエジプトに関してにわか全開のわたしですが、ここんとこ自分もいい歳だし教養とか身につけとかないとやばくね?

という謎の焦燥感に駆られてるのでちょっとやりたかったな〜とか興味あるな〜と思った事は積極的にやるようにしてるのです。

で、最近、ハムナプトラを最初から見返したとこだし手始めにエジプトの歴史でも勉強すっかなぁと始めてます。

いつか教養と引き出しの多い素敵な女性になるために…!!😤😤😤この時間のあるときに一刻も無駄にしないように勉強したいと思います!!


話戻して。

エジプトにちょーーっとでも興味がある方にオススメ書籍がこれ!!

古代エジプトうんちく図鑑

読んだ感想をひとこと言うと

著者のエジプトへの熱量がそのまま本になった

…という感じ?

もうね、ボリュームがすごいのなんの。

本開いたらびっくりするよ。全部手書きでイラスト付きだもん。

読みやすいよう漫画調でエジプト神話から発掘期、遺跡から現エジプトの裏事情までありとあらゆることが語られるんだけどややこしい話をここまでわかりやすくまとめてるってすごいよ!!

やっぱ著者が視覚的•感覚的に説明するのが得意な(?)女性だから、理解しやすいのかな?

この本暗記したら一般人相手ならエジプト博士の称号は容易に得られます😤

かる〜い感じで読み始めたにわかのわたしも引き込むほどの情熱をこの本から感じることができました。

…と、この本のコンセプトの感想ばかり書きましたが肝心の内容ですね。

各章ごとにわたしのちょっとした感想をまとめました。↓

エジプト神話編…ギリシャ神話とかなら軽く知ってるけどエジプト神話の内容って全然知らないなぁーと思ってたら、内容が世に広まってないのも納得のクオリティーであった。

  •  エジプト王の座を争ったセトが若干ハムナプトラのベニーっぽい。憎めないドジな小悪党(やってることはエグいけど)なとこが。
  • 作者の言葉を借りるならエジプト人のざっとした性格が表れてる物語構成の仕方。
  • あと作中でも語られてたけど物語の整合性が全くない。キャラ崩壊や矛盾の応酬。
  • なんか前の物語とか確認せず後から思いつきで話を付け足しながら書いた話っぽい。
  • そう思うと日本最古の物語である竹取物語はメチャメチャ完成度高いよなー。古代エジプトの時代と3000年以上離れてるけど。

エジプト発掘期編…ピラミッドやツタンカーメンなどの遺跡を掘り起こした考古学者たちの奮闘記。

  • 古代遺跡を掘り出した背景や裏話が詳細に描かれていて読み応えがある。
  • ロマンを追ってるだけではやっていけない。発掘作業ってのは金銭問題や利害関係が絡んでなかなか大変な仕事だと思った。
  • 佐賀の吉野ヶ里遺跡も発掘に相当苦労したらしいしなあ。大学時代ビデオで見たわ。
  • ベルツォーニという発掘者の周りから嫌がらせを受けても自分の信じる道を突き進む姿勢に感動した

エジプト旅行記編…作者のエジプト旅行体験談。結構ディープです。

  • 正直、この章を読んでエジプトに旅行に行きたくなったという人はあまりいないんじゃないか…?というくらい色々な意味で凄いところだとわかる。
  • 日本の観光地と同じ感覚で行ったらエライ目に遭うということがひしひし伝わってくる。もしエジプト旅行する予定があるならこの本を見るべし。
  • 全然関係ないけど作者自体もなかなか感の強い人だった。ある意味正直な人なのだが、、

歴代エジプト王編…一人一人歴代のエジプト王の特徴を解説。

  • まさかのエジプト王朝のフォラオ132人を一人一人解説してる。
  • 本の中でこの章が一番長い。
  • 個人的にアメンホテプ3世が一番印象的だった。

↓終始本の中身はこんなテンション

まとめ

オシリスとかトト神とかなんとな〜く聞いたことあるけど、なんなんだろうという疑問に「そうだったんだ!」とわかりやすく解説してくれてます。

この本で基礎知識を固めてから興味が湧いたなら

エジプト神話やらエジプト文化についての専門書を読んで深めるといいかもですね。

ちなみに今年は時間無さすぎて超ハイスピードでこの本読みながら年越しました。

いやあ、疲れた。好きだよこういう個性的な本は。

通常なら読むのにこれ一冊で一カ月以上かかっても妥当くらいの量なのでみなさんはゆっくりじっくり読んでくださいね!

以上!