スポンサーリンク




自分を受け入れること

わたしは以前から心につっかえている悩みがありました。

それは自分の性格がいわゆる「天真爛漫」タイプでないこと。

人間みんな、特に男性は女の子は「明るい子」「天真爛漫な子」が好きなもんでしょ?モテるのも大体このタイプだし。女の子は単純で、素直で、なにも考えてなくて従順な子がいいってのが定石でしょう。

でもわたし自身はぜんっぜんそうじゃなくて、むしろ普通にしてるだけで「ミステリアス」だの「おちついてる」だの言われることのが多くそのことにコンプレックスを感じていたことがありました。

ほんと、

どこがだよ!!!

って感じですけどね。

普通にしてるだけなのにさあ!!( ;∀;)実際は結構ドジでおっちょこちょいなところもあるのに…

なので随分、天真爛漫になれない自分に『単純そう見せなきゃ、なにも考えてないように見せなきゃ』とかすっごく悩んでいた時期があったんだけど

そんなの

素質みたいなもんだな。

と、(いい意味で)ありのままの自分を受け入れるようになりました。

もちろん、変えられるところは変えたらいいし心持ちとかは努力で変わるかもしれないけれど、

その人の雰囲気とか根本的な性格は変わるものでは無いと思います。

今では、そのままのわたしの性格が単純そうじゃないから、天真爛漫じゃないからイヤだってんなら

あっそう、じゃあわたしの人生にキミはいらないねとさっさと切り捨てることにしています。

無理矢理関係を続けようとしない。

大体、偽りの自分で寄ってきた人間たちと付き合うなんて何か意味あるか?すぐに無理が来ちゃうし、そうやって築いたペラい人間関係なんてちょっと都合の悪いことが起きたらすぐ切れちゃうでしょ。そんな関係、無理して築く価値あるんか?

大衆受けのいい性格を演じたとして、本当の自分を置いてきぼりにして、

それってホントに幸せな人生って言えるの?

大人になるということはただ単に協調したりみんな仲良しするだけでなく

ときには人間関係を選ぶことが必要なのだとわたしは思います。

好かれようと努力しない。

常に自分の魅力は上へ、上へ。

そうすれば自然と気持ちにゆとりが出来るし

素で天真爛漫な魅力を持った女の子には敵わないかもしれないけど

自分なりの魅力は放てるようになるのではないのかなあと思うのですよ。







シェアする

フォローする