夢は潜在意識を映す

こんな夢を見ました。

穴が空くのではないかと言うほど真っ直ぐに相手の瞳を見つめながら

「好きです」

と告げる夢。

こんな夢を見たのは、生まれてこのかた今日が初めてでした。

わたしは今現在好きな人がいるわけでも告白したい相手がいるわけでもありません。

相手も全然知らない男性だったし…。

でも不思議なもので告白という一大イベントを経験したのに

いつものわたしなら相手がどう思うだろう嫌われるんじゃないかとオドオドビクビクしているだろう場面で

むしろ相手の返事なんて全く気にならなくて

「自分が納得する行動をした」

と夢の中なのに心の底から満ち足りた清々しい気分になっていたのをよく覚えてます。

わたしはほとんど毎日夢を見るのですが、

思えば以前は何かに追いかけ回される夢、誰かに殺される夢、誰かに責められる夢…などの

「◯◯される夢」ばかり見ていました。

夢の中のわたしはいつも誰かからの反応や影響に怯えていて、

逃げ回って逃げ回って傷つきたくないとばかり願っていました。

向かってくる相手に対しても

「絶対に勝てない。」

「戦っても無駄。」

だと何故かハナから決めつけていました。

しかも自分が不当な目に遭うことを気持ちのどこかで許容していて、

わたしは酷い目に遭うのがお似合いの人間なんだとさえ考えていたようです。

それほどまでに自己肯定感がなく自分の願いや意思なんか誰にも受け入れられないと思い込んでいました。

その何者かに対する「恐れ」は現実世界でも漠然と抱いていた感情だったのかもしれません。

それらの夢はわたし自身の生き方が夢となって現れていたのかもしれませんね。

でも今日のあの夢は

されるがままだった自分はどこにもおらず

相手がどう出るかなんて関係なく動揺もしないで

自分の気持ちに一縷の疑いもなく

どーーーんと相手を受け入れる精神的余裕があったようでした。

それは妙に現実味を帯びていて、朝起きてからも不思議な感覚が続いていました。

あ、わたしそんな度量あったんだ!ってしばらく感動していました。

いやたかだか夢の中の話でしょ!?とツッコミたくなりますが

夢ってのは潜在意識を表すもので、

不安な心があると不気味な夢を見るし

恐れがあると怖い夢を見るのと同様、

わたしの中にその「心」が無ければ見ない夢だったでしょう。

それに今までの自分じゃ夢の中ですらそんなこと出来なかったと思います。

夢に見るということはわたしの潜在意識下で何かが変わり始めているサインなのかもしれません。