2018年01月一覧

時に起こる悲劇とて未来の幸運への布石

よく「困難はヒトを成長させる」というけれど

 

わたしの人生を振り返っても

そう言った逆境が起爆剤となってむしろ何もしないで上手くいってた時よりも大きな幸せを得られたという経験が多々ある🤔

 

人間、ぬるま湯に浸かってると楽だし出たくもなくなるけれど、ぬるま湯に浸かってるだけで得られる幸せは所詮その程度のものだ。

 

勇気を出して一歩踏み出さなきゃ何にも得られない。

 

たとえ傷つくことがあったとしても…

 

わたしは不器用だからこれからも傷だらけになっちゃうだろうなあ🤔

 

でも、やっぱり自分にとって本当に大事な物を見つけに行きたい!

 

だから諦めたくない!😤

もうやらない言い訳を作って逃げ回るのはやめて現実と向き合おうと思う!

 

以上!┏( ´Д`)┛

 

 


1月7日!七草がゆで今年一年も健康でいられますように!

新年の始まり

 

無病息災!!

健康第一!!

1月7日は七草がゆの日!

この日でお正月で弱った胃腸を休めちゃうんだ!





 

てことで七草がゆ食べました。

この行事はぜーったい欠かせない!😤

 

 

なんとこの七草がゆが入ってる器はかの徳川家康も愛した富士山の茶碗なのです!しかも赤富士!すごく縁起がいいです。

今年のみなさんの初夢は何でしたか?

わたしはインディージョーンズと一緒に遺跡を冒険する夢でしたよ〜!!Σ(゚Д゚ノ

森の中掻き分けてやっとこさ古代遺跡を発見したと思ったら遺跡の番人と思われるゾンビが襲ってきたのです。パンパン銃撃戦になったところで目が覚めました。

今年はどんな年になるのやら🤔

 

 

ちなみに七草がゆには…

お餅が入っているのです。

 

今年も体を大切に、一人暮らしでも自炊がんばって栄養に気を使った生活を心がけるぞっ😤





4歳児でも色々考えている。地球ドラマチックと幼少時代の話。

地球ドラマチックの「4歳児のヒミツ~驚きがいっぱい~」という番組を見た。

 

目立ちたがり屋にしっかり者、世話好きな子。
個性豊かな4歳の子どもたちが実際どんなやり取りをしているのか、保育園で定点観測。そのリアルな姿をとらえる。

by NHKホームページ

 

わんぱくな子供、自我が強い子、こだわりの強い子、おとなしい子、ずる賢い子……

さまざまな個性を持った子供たちが初めて同じ歳くらいの子供たちがいる世界に出され、ぶつかり、摩擦し、わかり合い、段々と譲り合うことを覚え、社会性を築いていく過程が興味深かった。

驚いたのが4歳児が築く社会と大人が築く社会が大体似たようなものであることだ。

まるで世界の小さな縮図を見ているよう。

そう、知識や能力の差はあれど子供も大人も本質的な所では同じなのだ。

 

 

人間社会構築学的観点から見ても素晴らしい内容だと思う。本当に面白い企画だったのでぜひ見てほしい。

 

まったく、なんで小さい頃は個性が結構尊重されるのに大人になるにつれ画一化された人間になることを要求されるのか。。

 

ところでこの番組を見て、

自分が4歳のときはこんな積極的に人と関わる子供ではなかったな、と思い出した。

 

哲学的なことばかり考えていた幼少時代

4歳の頃わたしは番組に出ていた子供たちと比べ、あまり社交的な子ではなかった。

みんなでワイワイするより一人でハーミットの如くみょんみょんと空想したり自分の世界の中で考えたりするほうが好き。(今もね…w)

思えばその頃から個人一人一人と接したり仲を深めるのは得意だけど集団での付き合いは苦手だった。

 

もちろん今は社会人だから、集団である程度合わせる術も持ち合わせているが

正直なところ集団で何かするのは未だ苦手だ。というか、他人に踏み込まれることに抵抗があるのは治ってないな…笑

 

そして

みんながワイワイ遊んでいる庭園を見ながらわたしが考えていたことと言えば

「どうしてそんなに何も考えず笑ってられるんだろう。明日死ぬかもしれないのに。

「自分が何者かも分かっていないのに

どうして無邪気に遊んでいられるの?」

 

そんな疑問をボーッと思い浮かべながらマイワールドに浸っていた。

 

 

ある時は空を見上げて

「この世界はわたし以外の人間は人間の形をしたロボットで

どっかの研究者みたいな人が箱庭にわたしを入れてわたしが他者と関わることでどういう行動をするか実験しているのかもしれないな」

 

などと

日がな一日ガチでそんなことばかり考えていた。

言わせてもらえば幼稚園の頃に比べたら今はまだ明るい人間になったよ。というかそういう面白いこと最近は考え付かなくなっちゃったな。

 

 

そして、その頃から周囲の目を気にする子供だったな…。

一人が好きなわたしにも、とっても仲の良い男の子がいてね(わたしの初恋の男の子ですね…笑)。いつも一緒にいて手も繋いで遊園地もくっついて回るくらいのラブラブぶりであった。

 

そんなある日、親に

「ふふ、●●くんといる◯◯ちゃん(わたし)は本当に嬉しそうな顔してるわねえ。大好きなのね、●●くんのこと」

と指摘されてしまった。

 

ガーーーーーンΣ(゚Д゚)

 

その時の衝撃は今も覚えている。そして悟った。そう、親とは娘のことをよく見ているものだと。

み、見透かされてるだと……!?

 

動揺しまくって

ちがうもん!!あんな奴きらいだもん!!どうでもいいもん!!

とワケワカラン言い訳して

 

次の日から●●くんと上手く接することが出来なくなりやがて彼は引っ越しちゃって会えなくなってしまった。

わたしは最後まで素直になれず、、

 

 

普通さ、幼稚園児なんて周りにどう思われてるかあんま気にしないでしょ。親の言うことなんか気にせず仲良くし続ければ良かったんだ。

でもわたしはプライドと体裁を気にしてそれが出来なかった。

 

その頃からわたしは周りの評判とか物凄い気にする人間だった。

いや、今の方が体裁なんてあんまり気にしないくらいだ。

そして今よりずっと気難しかった。

 

 

4歳児でもいろーーーんな個性の奴がいるんだから。子供だからってナメちゃあいけない。

 


人に心を開くとは

人に心を開くってどういうことだろう。

わたしは昔は分からなかったし、今も出来てないけど、これじゃないかな〜っていう定義みたいなものは自分の中にある。

 

心を開くとはネガティヴを開示することではない!

よく勘違いするのが、やたらと自分の暗い部分をひけらかしたりトラウマを打ち明けたりすることが心を開くってことだと思い込んでるケース!

これ、わたしも勘違いしてたんだけど全然違うよね。そりゃある程度信頼関係を築いた後ならいいけど、出会ったばっかとか知り合って浅い時にいきなり

「こんな傷ついた私をあなたなら受け入れてくれるでしょ!」

と言わんばかりにネガティヴなことを開示されても困っちゃうでしょ。

 

自分のことは自分でしか救えない。

これは大前提。

そして

心を開くとは人に縋ることでもわがままになることでもない。

 

 

心を開くとは

そう、ありのまま。

 

いや、なーんの努力もしないで「これが僕です!」「ダメな僕を受け入れて!」と、みっともない姿で受け入れてもらおうとすることでもないからね!

 

「僕はこれを見てこう思ったんだ!」

「私はこんな体験をしてこう思ったの」

見たものを見たまんま、それを聞いて相手がどう思うかなんて考えないで素直にありのまままっすぐ相手に伝えられること。だって相手が自分のことを受け入れてくれるって信じて疑いもしてないから。

 

これね、簡単そうで結構難しい。

自分の思ったままを相手に伝えることがどれだけ難しいことか。

ネガティヴな過去を開示することより余程勇気がいる。

 

自分の好きな所も認め好きじゃない所も認める。だから相手に素直な気持ちを伝えられる。自分のダメなとこも受け入れているから、相手のこともまるごと受け入れられる器ができる。

 

 

心を開くって、

「自分はこういう人間で、でもそういう自分が好きなんだ。あなたがどういう人間なのか知りたいし、自分がどういう人間なのか知ってほしい。」

という心の取引みたいなものじゃあないのかな。

 

そしてね、これはわたしの個人的意見なんだけど、「心を開く相手」ってのは選んだほうがいい。

いつもは心に鍵をかけておいて本当に知りたいと信頼出来ると感じられる相手に出会ったとき初めて鍵を渡しちゃえばいい。

寂しい考え方だと思われるかもしれないけれど、誰にも彼にも心は開いちゃいけない。

 

もし鍵をかけておかないと

沢山の人が良いものも悪いものも一緒にごった煮で入りこんできて

心を土足で踏み荒らされちゃったら自分の本当に望んでいたことだとか本当に大切にしたかったものだとかが

分からなくなっちゃうでしょ。

 

だから鍵を渡す時はちゃんと自分のことを尊重してくれる人を選ぶんだよ!

 

 

以上!


 


今も昔も日本人の心を捉えて離さない。心も身体もぽかぽかおでん【レシピ付】

 

今回はアレしますアレ。

 

実家にいる時しょっちゅう母親がやってて、もー飽きたよそれ!!と、文句言ってたあの料理。

おでん!!

 

実はそこまで好物じゃないんだけど今回はスーパー行くのが面倒なので冷蔵庫に残ってた材料だけでチャチャッと作っちゃいました。

 

作り方

材料【2人分】

お好きなおでんの具(ここでは卵と大根とじゃがいも)←今回は余り物しか入れてません

水                          500cc

オイスターソース     小さじ1

粉末だし                小さじ半分

 

材料はすぐ用意できるものばかりですが、別茹でしなきゃならないものが多くおでんは意外に面倒な料理だとわたしは思ってます😓

 

①卵を沸騰した湯に入れ7分茹でる。ゆで卵が出来たら熱いうちに皮を剥いて③の鍋に入れる。

 

②大根も乱切りし皮を剥いて10分下茹で。箸刺してスッと通ったら③の鍋に入れる。

 

③大きな鍋に水、オイスターソース、粉末だしを入れ、沸騰させおでんの具を入れる。

 

④そのまま蓋をして10分ほど煮詰める。

 

 

完成〜〜〜!!!

こういうのは味噌汁と一緒に頂くのが日本の食卓というものです😤

卵と大根が味が染みていて美味しい〜😋味噌汁とも合うーー!

てか、あんまりおでん好きじゃないと言っといてなんだけど今日は妙に美味しく感じる🤔歳とって煮物の味に目覚めるのと一緒かな。

 

つうか旅行続きだったんでここまで質素でマトモなご飯食べたの久々だからかも。やっぱ豪華な食事よりこういうあっさりした質素な食事のがわたしは好きかな。

 

貧乏舌なのか🤔安上がりでいいけど😋♪


 


お正月の初詣はそうだ、京都へ行こう!嵐山編

そうだ、京都へ行こう

正直なところわたしは実際に「そうだ京都へ行こう」のCM見たこと無いんだけどね。

今年の初詣は京都♪そして嵐山っ♪\( ˆoˆ )/

この日は観光客もそんなにおらず丁度良い気候でとても楽しめました。

 

阪急は電車賃が安くて助かりますね。


 

 

 

 

 

 

 

嵐山を象徴する渡月橋。ここ昔川が氾濫してたよね。今は完全に復興してます。写真で見るよりすっげー綺麗ですよ。京都駅周辺よりも静かな雰囲気で、京都を満喫したいのならこちらの方がわたしはオススメかなと思います。

 

 

 

これはゆばチーズとかいう嵐山特有の食べ物。

下の方にチーズが固まっててめっさ美味しかったです。なんかはんぺんチーズみたいな味です。

これ食べるために行列出来てたし嵐山来るんだったらかなりオススメの一品です。

 

 

これは宇治抹茶コロッケ!牛肉コロッケに抹茶入れただけだと思われるが結構牛肉の濃い味がしました。

 

 

嵐山トロッコの駅。今の時期は営業してないみたいです。

大学の先輩がここのトロッコのバイトしてた言ってたなあー。

 

 

そして幻想的な竹林エリア

もう外国人が鼻息荒くしながら夢中で写真撮ってました😤

この辺は夜来るとまた幻想的でとても綺麗なのです。

 

 

 

御髪神社

なんだこの謎神社は…。もしかして神と髪を掛けたっつーこと…?(わたしの勝手な想像です

カツラのキーホルダーでも売ってると思ったら売ってませんでした。どうやら美容師の神社のようです。

(おい!髪の話はやめろよ!!)

 

 

 

どっかの神社で柿(?)がなってました。

 

 

 

あ、野々宮神社でまたまたおみくじ引いたら大吉でした。浅草では末吉だったけどあれは去年だからな!今年は大吉ってことだ、うん!

(大吉は逆に運悪いって誰かさんが言ってなかったか?)

 

 

ゆばドーナツ。なんか京都の食べ物って全体的に薄味だね。

あんま甘いものが好きくないわたし好みの味でした。

 

嵐山は軽く散歩するには丁度良い距離です。ジョギングしてる人もいました。

いろんな神社があったけど野々宮神社だけやたらと人が多かったです。やはり縁結びだからか🤔

 

ホントは天井に龍の絵が描いてある天龍寺行きたかったんだけど空いてませんでしたー(´・ω・)ざんねん。

 

おみやげ

そして帰りに高島屋寄ったんでおみやげ買ってきました。

これ買ったらアレやりたくなりますよね。アレ。

 

 

 

551のあるときー!!\( ˆoˆ )/

 

 

ないときー(´・ω・)

 

 

 

あるときー*。☆ヾ(´∀`)(´∀`)ノ☆。*゚

 

 

ないときー(´-ω-)


関西の心の故郷。関西人が作る定番お好み焼き!【レシピ付】

 

関西人本場のごはん•お好み焼きを関西人の自分が紹介しちゃいますよっ😤※自分からハードル上げていくスタイル

 

お好み焼きはコスパ最強、食物繊維たっぷり!栄養もとれる一人暮らしの味方!😤

まさに日本の大正義ごはん!!

 

ぶっちゃけ米より小麦粉を駆使すれば相当食費の助けになりますよ。

 

 

お好み焼き材料【一人分】

キャベツ                  100g

小麦粉                     50g

豚肉                        50g

卵                           一個

だし粉末                  小さじ半分

水                           60cc

塩                           少々

 

豚肉が材料の中に入ってますが普段はわたしは入れてない…。あと卵もあった方がいいかもしれないけど入れないときのが多いかな…。

こういうところで経費節減ですよ😤

正直、キャベツと小麦粉と水だけでじゅーぶん美味しいお好み焼きはできます。

 

さらにお好み焼きソースを買うのがもったいないのでこれも自分で作ってます。

 

お好み焼きソースレシピ【一人分】

ウスターソース             大さじ1

ケチャップ                   大さじ1

しょうゆ                      小さじ1

砂糖                            小さじ半分

 

上記のソースの材料すべて混ぜ合わせてソース完成。

 

作り方

 

①キャベツを微塵切り。このとき細かく切れば切るほど美味しくなります。

 

豚肉以外のお好み焼きの材料全てボウルに入れ、空気を含ませるように混ぜ合わせる。

 

③フライパンに油をしき、②で作ったタネを落とし中火で焼く。

 

④その際タネの上に豚肉も乗せていく。

 

⑤蓋をしてしばらく蒸し焼きにし裏面がきつね色に焼けたらパッとひっくり返す。パッとですよ!!そ〜〜〜っとしない!!

 

堂々としろよ堂々と!!!

 

 

⑥裏面がきつね色に焼けたら皿に移してさっき作ったソースとお好みでマヨネーズかけて完成!

キャベツがシャキシャキしてておいしいです。普通のお好み焼きより小麦粉の量を少なくしてるんですよ。そうすることで口当たりも軽くなるしキャベツ本来の味が楽しめます。

そして手作りソースともよく合います!とっても簡単でおすすめ!

 

 

ん?青海苔はって?

 

ない!!

 

正直、写真用にパセリかけて誤魔化そうとしたが清廉潔白なわたしにはそうやって皆様を騙すことなんて出来なかった。

正々堂々と晒すぜ!!

 

あとどうでもいいんだけど

タイトルで関西人を強調しちゃったけど

別にわたしそんな関西人っぽくないんだよなあ…すげーノリが良いわけでも元気が良いというわけでもないし…

なんか心配になって来た。

 

良いのかねえ…こんなに関西人を推しちゃって……うーん、うーん。

 

ま、いっか!

 

関係ないけど去年のクリスマスごはん

去年のクリスマスディナー。

 

ビーフシチューは確かわたしが作ったよーな…?🤔ビーフシチューは牛肉が硬くならないように弱火でじっくり煮込まなければいけないのです。

 

また作ってみようかな!

ばいちゃ☆

 


自分を受け入れること

わたしは以前から心につっかえている悩みがありました。

 

それは自分の性格がいわゆる「天真爛漫」タイプでないこと。

 

人間みんな、特に男性は女の子は「明るい子」「天真爛漫な子」が好きなもんでしょ?モテるのも大体このタイプだし。女の子は単純で、素直で、なにも考えてなくて従順な子がいいってのが定石でしょう。

 

でもわたし自身はぜんっぜんそうじゃなくて、むしろ普通にしてるだけで「ミステリアス」だの「おちついてる」だの言われることのが多くそのことにコンプレックスを感じていたことがありました。

ほんと、

 

どこがだよ!!!

 

って感じですけどね。

 

普通にしてるだけなのにさあ!!( ;∀;)実際は結構ドジでおっちょこちょいなところもあるのに…

 

 

 

 

 

なので随分、天真爛漫になれない自分に『単純そう見せなきゃ、なにも考えてないように見せなきゃ』とかすっごく悩んでいた時期があったんだけど

 

そんなの

素質みたいなもんだな。

と、(いい意味で)ありのままの自分を受け入れるようになりました。

 

もちろん、変えられるところは変えたらいいし心持ちとかは努力で変わるかもしれないけれど、

その人の雰囲気とか根本的な性格は変わるものでは無いと思います。

 

 

今では、そのままのわたしの性格が単純そうじゃないから、天真爛漫じゃないからイヤだってんなら

あっそう、じゃあわたしの人生にキミはいらないねとさっさと切り捨てることにしています。

 

無理矢理関係を続けようとしない。

 

大体、偽りの自分で寄ってきた人間たちと付き合うなんて何か意味あるか?すぐに無理が来ちゃうし、そうやって築いたペラい人間関係なんてちょっと都合の悪いことが起きたらすぐ切れちゃうでしょ。そんな関係、無理して築く価値あるんか?

大衆受けのいい性格を演じたとして、本当の自分を置いてきぼりにして、

それってホントに幸せな人生って言えるの?

 

大人になるということはただ単に協調したりみんな仲良しするだけでなく

ときには人間関係を選ぶことが必要なのだとわたしは思います。

 

好かれようと努力しない。

常に自分の魅力は上へ、上へ。

そうすれば自然と気持ちにゆとりが出来るし

素で天真爛漫な魅力を持った女の子には敵わないかもしれないけど

自分なりの魅力は放てるようになるのではないのかなあと思うのですよ。

 


「うんちく図鑑」であなたもエジプト博士!?ここが凄いよエジプト文化

ギリギリセーーーフ( ;∀;)

 

9冊なんとか12月中に読み終えることが出来ました!

 

今回はボリュームがありすぎて読むのにすごい時間がかかった本をレビューしていきたいと思います。

わたしは父さんが考古学者だからという理由からか、むかしから歴史系のことに結構興味ありましてね。

 

なんの気まぐれか

 

エジプト文化と歴史についてお勉強中です!!

 

 

エジプトといえばハムナプトラから得た知識しかないわたし(´・ω・`)

 

ハムナプトラ ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)

 

ミイラにする時内蔵をそれぞれツボに入れるとか

 

ヒエログリフのコウノトリはアメノファスと呼ぶとか

 

スカラベは人体を食い荒らすとか

 

イムホテップは砂漠のパワーで世界を滅ぼすから蘇らせてはいけないとか

 

エジプトのことは興味はあれどふわふわした知識しかしらない状態←後半はなんか違うし

 

そんなエジプトに関してにわか全開のわたしですが、ここんとこ自分もいい歳だし教養とか身につけとかないとやばくね?

という謎の焦燥感に駆られてるのでちょっとやりたかったな〜とか興味あるな〜と思った事は積極的にやるようにしてるのです。

 

で、最近、ハムナプトラを最初から見返したとこだし手始めにエジプトの歴史でも勉強すっかなぁと始めてます。

 

いつか教養と引き出しの多い素敵な女性になるために…!!😤😤😤この時間のあるときに一刻も無駄にしないように勉強したいと思います!!

 


 

 

話戻して。

 

エジプトにちょーーっとでも興味がある方にオススメ書籍がこれ!!

 

古代エジプトうんちく図鑑

 

読んだ感想をひとこと言うと

著者のエジプトへの熱量がそのまま本になった

…という感じ?

 

もうね、ボリュームがすごいのなんの。

本開いたらびっくりするよ。全部手書きでイラスト付きだもん。

 

読みやすいよう漫画調でエジプト神話から発掘期、遺跡から現エジプトの裏事情までありとあらゆることが語られるんだけどややこしい話をここまでわかりやすくまとめてるってすごいよ!!

やっぱ著者が視覚的•感覚的に説明するのが得意な(?)女性だから、理解しやすいのかな?

 

この本暗記したら一般人相手ならエジプト博士の称号は容易に得られます😤

 

かる〜い感じで読み始めたにわかのわたしも引き込むほどの情熱をこの本から感じることができました。

…と、この本のコンセプトの感想ばかり書きましたが肝心の内容ですね。

 

各章ごとにわたしのちょっとした感想をまとめました。↓

 

エジプト神話編…ギリシャ神話とかなら軽く知ってるけどエジプト神話の内容って全然知らないなぁーと思ってたら、内容が世に広まってないのも納得のクオリティーであった。

  •  エジプト王の座を争ったセトが若干ハムナプトラのベニーっぽい。憎めないドジな小悪党(やってることはエグいけど)なとこが。
  • 作者の言葉を借りるならエジプト人のざっとした性格が表れてる物語構成の仕方。
  • あと作中でも語られてたけど物語の整合性が全くない。キャラ崩壊や矛盾の応酬。
  • なんか前の物語とか確認せず後から思いつきで話を付け足しながら書いた話っぽい。
  • そう思うと日本最古の物語である竹取物語はメチャメチャ完成度高いよなー。古代エジプトの時代と3000年以上離れてるけど。

 

エジプト発掘期編…ピラミッドやツタンカーメンなどの遺跡を掘り起こした考古学者たちの奮闘記。

  • 古代遺跡を掘り出した背景や裏話が詳細に描かれていて読み応えがある。
  • ロマンを追ってるだけではやっていけない。発掘作業ってのは金銭問題や利害関係が絡んでなかなか大変な仕事だと思った。
  • 佐賀の吉野ヶ里遺跡も発掘に相当苦労したらしいしなあ。大学時代ビデオで見たわ。
  • ベルツォーニという発掘者の周りから嫌がらせを受けても自分の信じる道を突き進む姿勢に感動した

 

エジプト旅行記編…作者のエジプト旅行体験談。結構ディープです。

  • 正直、この章を読んでエジプトに旅行に行きたくなったという人はあまりいないんじゃないか…?というくらい色々な意味で凄いところだとわかる。
  • 日本の観光地と同じ感覚で行ったらエライ目に遭うということがひしひし伝わってくる。もしエジプト旅行する予定があるならこの本を見るべし。
  • 全然関係ないけど作者自体もなかなか感の強い人だった。ある意味正直な人なのだが、、

 

歴代エジプト王編…一人一人歴代のエジプト王の特徴を解説。

  • まさかのエジプト王朝のフォラオ132人を一人一人解説してる。
  • 本の中でこの章が一番長い。
  • 個人的にアメンホテプ3世が一番印象的だった。

↓終始本の中身はこんなテンション

 

まとめ

オシリスとかトト神とかなんとな〜く聞いたことあるけど、なんなんだろうという疑問に「そうだったんだ!」とわかりやすく解説してくれてます。

 

この本で基礎知識を固めてから興味が湧いたなら

エジプト神話やらエジプト文化についての専門書を読んで深めるといいかもですね。

 

 

ちなみに今年は時間無さすぎて超ハイスピードでこの本読みながら年越しました。

いやあ、疲れた。好きだよこういう個性的な本は。

 

通常なら読むのにこれ一冊で一カ月以上かかっても妥当くらいの量なのでみなさんはゆっくりじっくり読んでくださいね!

 

以上!