金曜日はドラえもんの日。ついでにドラえもん第1巻の感想&見所を紹介。




大事なことはみんなドラえもんから教わった

なぜ急に体調が悪くなったのでしょうか。

熱もないしインフルでもなさそうだし

やっぱ真冬に半袖でハーゲンダッツ食べていたからでしょうか。

そういえば

ドラえもん読んでたのが原因じゃないか?

ここ最近、睡眠時間削りながらドラえもんを1巻からもくもくと読んでのですよ。

やべえほんと久々に見たらマジで面白いっす。

ドラえもん読破によってここまで体力消耗されてるとは思いませんでした。相変わらずわたしは程々と言うもんを知らない人間なのであります。

わたしは昔からドラえもんが大好きで、

ホーリーバイブルであるし、この人のことちょっといいなと思い始めたのも彼がドラえもん好きだったことがきっかけです。

ドラえもんを読んで改めて感じることは、作品としてメチャメチャクオリティが高いことですね。

今まで色んな漫画を見てきたけれども、ドラえもんのテンポの良さと演出技法の巧さはなかなか他の作品ではお目にかかれません。

原作版のドラえもんは超毒舌な所もまた魅力であります。

ドラえもん第1巻  勝手に感想

さて、ドラえもん読破したことだし、気が向いたので記念すべき第1巻の感想&見所でも書いていきたいと思いますよっと。


ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス)

東京→大阪=のび太→セワシの謎

記念すべきドラえもん第1話。「未来の国からはるばると

有名なシーンから。

ジャイ子と結婚するはずだったのび太が、しずちゃんと結婚してもセワシが生まれてくる理由を説明する場面。

いや、そのりくつはおかしい。

これ、未だに理論がよく分からないのですが。

なんでセワシが生まれてくる軌道と大阪に行くルートが同じ事になってんですかねえ…。

しずちゃんと結婚するならそりゃパラレルワールドになってしまうでしょう。

のび太の子供とジャイ子の子供を結婚させて辻褄合わせるとか?

そうするとジャイ子と結婚して生まれるはずだった子供たちはどこに行くのですかねえ。

ドラえもん最大級の謎です。

のび太のママ甘すぎィ!

同じくドラえもん第1話。「未来の国からはるばると」から。

ガミガミお説教するので有名なのび太のママンがメチャ甘いです!一人息子だからってのもあるけど初期ののび太の両親は相当過保護です。

挙げ句の果てにわかに信じがたい虚言を云うのび太に対し「想像力豊かで将来は漫画家になれるかもしれないぞ!」とまでのたまう親バカっぷり。

ぶっちゃけドラえもんの存在より両親が厳しくなったのが、のび太という人間をマシにした大きな理由なんじゃないのかなあ。

スネ夫のキャラのたちっぷり

お次は「㊙︎スパイ大作戦」から。

単行本初登場時のスネ夫。初っ端からこのぶっ飛ばしようです。

鏡に映った自分の姿を見てうっとりするシーン。

やっぱ嫌いになれないタイプだわスネ夫。

ここまで自分に自信が持てたら人生楽しそうです。

初期のスネ夫はジャイアンの腰巾着というよりジャイアンをも良いように操作しているところが特徴ですね。

昔は嫌な奴だと思ってたけど、今ではその世渡りの上手さと頭の良さに感心します。羨ましい。

ドラえもんって柔らかいの?

ドラえもんの材質について疑問に思ったことは無いでしょうか。

↓これ明らかに中の機械もやられてるだろ

ふつうに考えるとドラえもんは機械だから硬いはずでありますがこのシーンを見て見るとどうやら違うらしいです。

次のシーンではドラえもんの形が元に戻っていることからゴムのような素材で出来ているのだろうかと小さい頃は思っていました。

それにしてもこれ、「ごめんね」では済まされない事態です。

ドラえもんが熱血

中期ドラえもんはドライ、後期ドラえもんは優しく保護者的な性格ですが、

初期のドラえもんはやたらと熱血漢です。

ジャイアンやスネ夫にいじめられたと聞けば飛んで行って復讐するくらいの血の気の多さなので、

アニメ版の穏やかなドラえもんに慣れてる人が初期のドラえもんを見たら違和感を感じるでしょう。

ちなみに中期ドラえもん以降は

のび太がいじめられたと聞いても大抵「あっそう」と突き放しています。(倦怠期?

ドラえもん第1巻おすすめエピソード

意外に有名なエピソードも多々入っている一巻の中でもおすすめエピソードをご紹介。

かげがり

夏らしいホラー風味な話。

ドラえもんの出した道具は、本体と影を切り離します。

自分の影を切り離した後は、影に分身のように命令することができますが、30分たつと影に自我が生まれ2時間たつと本物と影が完全に入れ替わるという危険すぎるひみつ道具。

何故こんなハイリスクな道具を出す?

一生に一度は百点を

かの有名なコンピュータペンシルのエピソード。この道具を使うとどんなに難しい作業もスラスラ終わらせる事ができます。

のび太はこのコンピュータペンシルでテストに挑もうとしましたが、直前で良心が痛み普通のエンピツを使いました。

ジャイアン語録「ほしいものは手に入れるのがおれのやりかたさ」が見れるのもこのエピソード!

雪でアッチッチ

これ超好きなエピソードなんだよね。

寒いのが苦手なのび太に「あべこべクリーム」を渡すドラえもん。このクリームを塗ると暑いものは寒く、寒いものは暑く感じるようになります。

粉雪にちょっと触れただけで

アッチャッチャッチャ!!!

と暴れ回るシーンは爆笑もんです。

映画公開も近いのでみなさんも是非この機会に原作ドラえもん読まれてはいかがでしょうか!

オモシロイよ!(^。^)

他のドラえもん関連の記事はこちら!

http://kimian5.com/post-1556/

http://kimian5.com/post-2279/