Nightmare

時々すっげー嫌だった思い出が蘇ることってありますよね。

今日は物凄くリアルな、イヤ〜〜〜〜な夢を見てしまいました。

何故か中学時代にもどって教室に佇んでいるのです。次は移動教室のため周りの子に声をかけて「一緒に行こう」と誘うのですが、みんなどこか余所余所しく怪訝な顔をされるのです。話しかけてもそそくさと向こうに行ってしまう。

仕方がなく一人で歩いていたら何やらこっちを見てコソコソ言われてるみたい…

そういやあの頃は人間関係あんま上手く行ってなかったかも…。

目が覚めてもあまりに描写がリアルすぎて「これは夢なのか?現実なのか?」ということがわからず現実味を帯びた胸の不快感と陰鬱な気持ちがしばらく残っていました。

忘れてしまっていた自分の心の闇を垣間見ましたよ。

と、同時に何故わたしが今までここまで頑なに

「自信が無い」

「素の自分なんて誰にも認められるわけがない」

「自分に価値なんてない」

と信じ続けていた理由がわかったような気がします。

目立たないようにしよう、バカにされないようにしよう、自分の心を殺して周りに合わせないといけない、と自分を偽って萎縮して溶け込もうとしていた当時の閉鎖感を思い出してしまいました。

と、同時に逆に当時それらを跳ね除けて自分を出す勇気を持てていたら、周りを気にしない強さを持てていたら今とはもっと違う未来が待っていたのかなーとも考えました。

自分を失くそうと心を殺そうとばかりしていたからこそ、本当に気持ちを向けなければならない進まねばならない道を見失ってしまっていたのです。

今ならやり直せる。

もう、ビクビクする必要はないんだよ。

人に気に入られる必要なんてないんだよ。

素直になって嫌がる奴のことなんか放っておけ!

過去のことは変えられないけど今や未来は変えられます。この一瞬一瞬を楽しく大切に生きることしかできないのだと思うのです。

というわけで目覚めは最悪だったけどテレビつけたらドラえもんの映画やってて

一気に機嫌が治りました。

まさに救世主!

まさにグッドタイミング!!!

しかもやってたのは新ドラえもんでは一番好きなひみつ道具博物館!!!まじかよ!!テンション上がりまくりました。

あと映画の内容が今のわたしの核心に迫るような内容だったのもびびりました。

やっぱドラえもん最高だな!

…前から思ってたけどわたし精神がコドモ過ぎないか笑。単細胞というか…笑。

わたしがいつまでも子供っぽいのは置いといてドラえもんに感謝感謝なのです。