スポンサーリンク




残された時間を誰のために、何のために使うか?

最近、残された時間を誰のために、何のために使うか?ということを意識するようになりました。

わたしは何かあるといつまでもいつまでも引きずり悩みまくり心のデトックスが下手な人間でした。

例えば何か自分の好きなものが現実なりネットなりで批判されてるの見ただけで「これを好きな自分はおかしいのかな?」「この価値観を皆と同じように正さなきゃ!!」←?????

とか本気で考えてました。

誰かがわたしの話をしてると

「目立っちゃダメだ!!存在を消して何も感じないように、余計なことは話さないようにしなきゃ!!」←????????

と、息を潜めていました。

慎重とはまた違うんだけどちょーっと何かあっただけで傷つくくらいに気が弱いから、行動するまでにすーーーっごく時間がかかってチャンスを逃したり。

んで、そよ風が吹くと

「どうしよう!?このままじゃ人生終わるかも!! ヽ(д`ヽ)。。オロオロッ。。(ノ´д)ノ.」

とすぐにパニックになってました。

いや、そう簡単には終わんねえよ人生は。

と、今は冷静に自分にツッコミできる域まで達していますが(;^_^A

結局さ、月並みなんだけど「悩んでる時間がもったいない」という言葉を本当の意味で理解できたからだと思うんですよね。

悩むときって大抵、自分の力ではどーーーにもできないことが多いでしょう。だから悩むんですよね。

でもさ、「悩んだ時間」で何が得られる?

「嫌なこと考えてモヤモヤしてる時間」を経ることで何か利益になることありますか?

なんの生産性もない、それどころかネガティブスパイラルに陥ってこれからの未来にも陰を落としてしまいかねない。

すごく無駄な時間じゃないですか。

これはわたしもそうだったから言えるんだけどうだうだ悩む人は

“状況や人は自分の力で動かせるものだ”

とどこかで思っているフシがあるのです。

だから自分の力の及ばないことが起きると「なんで上手くいかないんだよッッ!!」と焦ってしまいます。

でも

「物事はなるようにしかならないんだな。」

「そして自分の思い通りになるとも限らない。」

「だからその時その時己が出来ることを精一杯やるしかないんだな。」

という、至極真っ当な結論を心から理解出来るようになると

不思議と現実と向き合い「上手くいかなかった。ではこれからどうするか?」みたいな建設的な思考が冷静に出来るようになります。

当たり前だろ!と言われればそれまでですが、人や状況は思い通りになるという前提があるからこそ、思い通りにならない現実にイライラしたり必要以上に悲しくなったりするのではないでしょうか。

そして、理性的な思考にちょっとずつシフトしていくと次第に人間関係も改善していくのですよね。

わたしは馬鹿みたいに人に合わせることが無くなりました。

人に期待しなくなったからです。人がわたしを嫌おうが好きになろうが、わたしにはコントロール出来るものじゃないし

じゃあ最初から合わせたって無駄じゃないですか。

それにんな頑張って人に迎合したって自分勝手な友達が増えるだけですし笑。

ほんと、人生は自分が楽しいと思うことにどれだけ時間を費やしたか?ですよ。それが自分という人間を豊かにして、本物の人の関わりを作ったり時には仕事に繋がったりするんです。

周りに合わせてばっかりだと自分を見失って他人の意にそうような人生しか送れなくなっちゃいます。

残された時間をどう生きるか?

常にこれを念頭において考えると、今まで複雑に悩んでた根っこの部分が非常にシンプルに浮き上がってくると思いますね。







シェアする

フォローする