スポンサーリンク




美大合格目指す漫画がアツい!ブルーピリオド【レビュー】

最近の漫画で結構面白かった作品をご紹介!

ブルーピリオド\山口つばさ

「早朝の渋谷ってさ、なんかいいよな」


ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス)

あらすじ

主人公は不良系高校生。

これと言った目標も打ち込むことも無く

友達とつるみながらそれなりの学生生活を送っていた。

そんなある日ラクに単位を取れるからと選んだ選択美術の授業を通して

絵を描いている時が一番ワクワクしている自分に気づく。

フツーに大学行ってフツーに就職する未来を漠然と描いていたが

自分の将来について真剣に考え始めることになる。

自分が一番輝いてる瞬間は…

主人公は勉強も遊びも人間関係もそれなりにこなせる器用タイプな少年です。

でも主人公はいつも

なんか物足りない…

なんか違う気がする…

と思ってるんですよね。

勉強でいい成績を取ったら先生や両親から褒められるし、いい大学も目指せる。

いい大学を出たらいい就職先を目指して。

良い会社に入れば安泰した生活を送れる!勝ち組になれる!

世間様に恥ずかしくない人生を送れるんだ!!

それを目標に頑張ってきたけどホントにそれでいいのかな?

学校や先生、両親や周りの目が無くなったら、それらは自分にとって価値のあるものなのなのかな。

自分がホントに目指したいことって何?

今まで盲信していた、他者からの「都合」によって捻じ曲げられた真実が崩壊した時、自分にとっての本当の真実が見えてきます。

自分が人生を生きてて良かったと思える瞬間。それは絵を描いてる時だったのでした。

自分の本当の気持ちは裏切れない

主人公が授業中も家帰ってもひたすら絵を描いてしまうシーン。

「時間の無駄」

そう思うのに、絵を描くことをやめられない。

勉強もスポーツもなんでも卒なくこなしてしまうのに、絵はなかなか上手く行かない。

絵なんか描いたって先生や両親が褒めてくれるわけでもない。

安泰した、約束された人生への道のりが続いてるわけでもない。

なのに、どんどん絵に時間を費やしてしまう。

上手くなりたいと、思ってしまう。

これ、共感する人多いのではないでしょうか。わたしはそうでした!!\(^o^)/

それこそ絵描いたり漫画読んだりゲームしたり…

「そんな将来に繋がらないことに労力かけんな」

って。

心の声がそれらをするのをセーブしようとするんですよ。

で、周りの意向に合わせた無難な選択をしてその場をやり過ごすのですが

でも、結局また舞い戻ってしまうんですよコレが。

やりたいことや好きなことが見つからないって声をよく聞きますが、手がかりは何処にでも転がっています。

それは

気が付いたらやってしまうこと

やってたら疲れも時間をも忘れてしまうこと

「時間の無駄」だとわかってるのにしてしまうこと。

ここにやりたいことのヒントがあるんだと思いますね。

ここ見てる人でもし学生の方が居ればぜひ胸に刻んでいただきたい。

学生時代に好きなことや打ち込めることを見つけるって本当に大事です。

それこそ恋愛とかかまける時間があったら

色んなことに挑戦してそれを探す方が200倍有意義です。

学生時代は自分の適性や興味から

進むべき大まかな道を見定める時期です。

そこから細かな方向性を決めないといけませんが、それは後からでも大丈夫。

どうか、自分の感性を押し殺さず

「これ好きだな」

「これは嫌いだな」

を沢山見つけ自分と言う存在を洗いざらいして行ってください。

勉強、サークル、バイト…

何でもいいから、何か一つだけでもいいから夢中になれることを見つけて

悔いのない生活を送って頂けたらなと思います。

by  無駄な学生生活を垂れ流しまくってた人より

他の漫画レビューはこちら!

・普通の男の子がカッコいい【漫画】月と湖【レビュー】

・HUNTER×HUNTERのクラピカとセンリツの関係はいいね

・金曜日はドラえもんの日。ついでにドラえもん第1巻の感想&見所を紹介。







シェアする

フォローする