スポンサーリンク




イス取りゲーム

人生はイス取りゲームのようなもの。

人は人に囲まれて各々の人生を歩むことになるので

自分のイスを取りに行こうとすると

取りに行くことに対して好き勝手に感想を言われたり多少の妨害を受けることになる。

真っ先に取りに行くと「自分勝手だ」と言われ、言われたことに戸惑ってる内にイスを取られることもしばしばある。

人より先に行くと「調子に乗ってる」と言われ「もっと周りに合わせた方がいい」と足を引っ張られる。

人より歩みが遅いと「遅れてる、トロい」とバカにされたり「早く早く」と急き立てられる。

自分の都合のいいように惑わせてくる人間をのらりくらりかわしながら
戦いながらその都度「自分」というイスを勝ち取りながら進んでいく。

それが自分の人生を生きるということなのだ。

そういう場面に出くわした時、真っ向から立ち向かっても意味がないし労力の無駄に終わる。

表面上は折れたフリして

合わせるフリして

しかし心の中の自分のイスは決して明け渡してはならない。

気に入られようと角が立たないようにしようとして本当に自分のイスを明け渡すことはない。

折ってはいけない、明け渡してはならないものがある。

大人は社会の当たり前や常識を守っているようで、実はその網を搔い潜って

心の中で自分独自のルールを作ってそれに従って生きているものだ。

犯罪さえ犯さなければ大抵は何をしてもいい。

周囲やマスメディアの情報に惑わされそうになったら一旦立ち止まって深呼吸。
自分のペースで歩んでいくのが良い。







シェアする

フォローする