スポンサーリンク




個人的おすすめボードゲーム紹介!

トランプゲーム含めボードゲーム大好き人間であるわたし🤒

デジタルもいいけどシンプルで簡単なルールが多いボードゲームが大好きなのです。

今回は王道からマイナー(?)まで面白いボードゲームを紹介していきますよ。

ドンジャラ

昔ながらの王道中の王道ゲーム。

絵柄を揃えて「ドンジャラ!!」と叫ぶドラえもんの擬似麻雀。

シンプルだけどメチャメチャ楽しいです。みんなが麻雀ハマるのわかります。

友達と夜ちょっとだけしようとドンジャラしたところ真夜中までずっとやってたました。

ドラミの役がなくて2人でドラミを引く度に「このメスいらねぇよ…」と捨てあっていました。

わたしはドンジャラが得意で、前回やった時は全勝しました。

わたしが強いのか友達が弱すぎるのか…。

ポーカーといい大富豪といい、会話が重要でない駆け引きゲームが得意なのです。

人狼

超有名どころ。かなり流行ってたので知ってる方も多いでしょう。

ランダムに役割が割り振られ誰が人狼(鬼)か話し合いしながら吊るし上げる人間を皆で選ぶといった遊びです。

やりようによっては非常にギスギスした雰囲気になるのでゾクゾクします。

コミュ力と演技力が試されるので個人的にクッソ苦手なゲームです。

嘘がつけないのですぐにバレてしまいます。人の言葉の裏側が読めないんです。ホラ、わたし純粋だからさ┐(´ー`)┌

このゲームの面白いところは結構その人の本性が分かるところです。

「コイツいつも偉そうにしてるけどいざ疑われるようになる雰囲気になったら黙るんだなww」とか

「この人普段は皆の様子を伺ってるタイプなのにこう言うゲームのときは仕切り出すんだなww」とか観察すんの楽しいです。

個人的には自分がプレイするより人がプレイしてるのを見るのが面白いっす。

コヨーテ

インディアンポーカー。子供でもわかりやすい数字当てゲームです。

配られたカードをプレイヤーが頭上(自分の数字は見ない)

お互いのカードの数字を見て合計で数がいくらになるか当てるゲームです。つまり自分の数字を予想します。

予想した自分含めた合計数をそれぞれ順番に言って行って

前の番の人が予想した数字が実際の合計より大きいと思った時は

「コヨーテ!」と叫ぶ。

実際の数字より大きい時はコヨーテと言われた側が点を失い、逆に小さいときは言った側の点が減ります。

マイナス点とかがあるのですげー予想しにくいのがまた面白いです。

シンプルでわかりやすく楽しいゲーム。

枯山水


最後は風変わりなゲームをご紹介。

ボードゲームなのに1万近くする敷居の高い渋いゲーム。

一時期プレミア価格が付いていて大変な人気だったそうです。

ルールはんな難しくはなく、ざっくり説明すると徳を積みながら石や庭カードを引いていき自分オリジナルの素晴らしき枯山水を作って皆んなで見せ合います。

ここまでは非常に平和的なゲームっぽいですが人の庭カードを「譲渡」「略奪」する取引も楽しむことができ、心理戦も楽しむことができます。

勝ち負けよりも最後に完成した枯山水を互いに嗜むことが出来るのもこのゲームの醍醐味でしょう。

まったりとした、珍しい遊びがしたい!と言う方にはめっちゃおススメなゲームですね。







シェアする

フォローする