13日の金曜日なので…

今日は13日の金曜日ということで

夜も更けてきたので怖い話でもしようかなと思います。

怖い話と言っても不思議な実話みたいなもんでどこぞのオカルト板みたいな話はできないですが。

わたしが一歳くらいの頃、阪神淡路大震災が起こるちょっと前のこと。

明け方

うちの母親がふと目を覚ましたところ時計を見ると朝の五時半ごろでした。

空は妙に明るく何だろう?とベランダの方に目をやると明らかに人型のような靄がそこに佇んでいました。

「なんだあれは!?」とびっくりしていると直後に大きな揺れが起きたのです。

地震の前って目覚ますけど第六感の関係でしょうかね?

わたしも一人暮らししてから何度か地震にあってますが夜中にも関わらず目覚めますね…。

しかもヤバい!ヤバい!と皆が夢の中で騒ぐので起きちゃうんですよ。

なんかこええな…用心しとかないと…

そして阪神淡路でも東北でも震災にまつわる不思議な話は数多くありますよね。(飼ってる犬が騒ぎ出すとか

もう一つ。うちの父親が以前勤めていた職場は森の中にありました。大きな古墳があり無数のお墓があった場所です。

夜になると街灯もない獣道を歩いて帰らねばならないほどの危ない道が父親の通勤路でした。

職場は昔の展示物が沢山置いてあるので、文字通り昔の人の息遣いが間近に感じられる場所だったそうです。

夜になると客もいないのに勝手にエレベーターが頻繁に動き出すのは日常茶飯事。

誰も触ってないのに椅子が回りだしたり

階段を下っていく謎の人影を何人もの人が目撃したそうです。(子供らしき人影も多かったよう

そんなこんな不気味な現象ばかり起きるので夜に残りたくないと、

みんな業務を終えたらそそくさと帰っていたみたいです。

ま、わたしはなんの霊感もないのでそういう体験は一切したことないので聞いた話しか出来ませんがね。(したくない

なんかあんまり詳しく書くとヤバい気がするのでこの辺で(ーー;)

(怖い話は超苦手