良好な関係構築を目的とすると良好な人間関係は構築できない

「自分の容姿や能力にコンプレックスを持っていて学生時代は人の目を気にして仕方がなかった。人に好かれようと必死な時があった。」

と高校の時の先生が言っていました。

誰かに好かれるために努力したこと、みなさんも一度は経験…ありますよね?

でも人の心って自分で思ってる以上に読めないものです。

好意のある態度を取っていても社交辞令で本心ではそうでもないとか、

無愛想な態度取られてても実は結構好感持たれていたなんてこともよくある話です。

人の評価は証明する手段がないことを分かっていないと往々に人間関係でつまずいてしまいます。

そんな不透明なものに縋って生きていたら疲れてしまうでしょう。

極端な話、他人が自分をどう思ってるかなんて自分には関係のない話です。

あえて言ってしまうと「人に好かれるため」だけを目的にする頑張りや努力なんて全部無駄です。やらんでよろしい。

と言ってもそれは人間関係を全て断ち切り山に篭れということではなく、そんなガリガリ努力せんでも仲良くなれる人とは自然と仲良くなれるってこと。

1人になりたくないと関係をつなぎとめるために必死で連絡を取ったり媚を売って好かれようとすることになんの意味もありません。(しかもそんなことしても好かれません)

周囲にいる「人に好かれてる人」を思い浮かべてください。

彼らが人に好かれることに拘泥しているように見えますか?見えないでしょう。

視点が他人に向かってないんですよね。

だから好かれてる人って人目を気にしてビクビクすることなく堂々としてる人が多いです。そこが魅力で人が寄ってくるのです。

友達を作る最強の前提事項は「友達なんていなくても楽しい」と思うこと。

友達なんていなくても自分で人生を楽しめるようにすること。

誰かに好きになってもらうためではなく自分が好きになれる自分でいるために努力をすること。

そしたらイヤでも自分に合う人間が集まって来ます。

ふとどこからともなく何の意図もなしに現れた縁こそが本物の場合が人生経験上多いです。そういう人とは仲良くなろうと思わなくても自然と仲良くなれて自然と距離も近いてしまうものです。

これはわたしの超個人的な意見ですが

セミナー、合コン、婚活パーティー、いろんな出会いの場がありますが

友達を作るためだけに無理やり繋げた人間関係は徒労に終わるか余計なトラブルを連れてくる確率も高いように感じます。

自然体でのびのびと「自分が好きな自分」でいることが幸福を連れてくる一番の手段ではないのかなぁと思うのですよ。