【TOEIC】自分なりの英単語の覚え方【英語学習】

英単語の覚え方

まぁこういうこと書くのは結果出してからの方がいいと思いますが、ひとまず記録的な意味合いでわたしなりの英単語の暗記方法を記事にしたいと思います。

自分が受験生のときの英語の暗記方法は随分とノロノロしたものでした。

一個一個丁寧に馬鹿みたいにコツコツと一日英単語10個ずつ確実に覚えて…

それ、無茶苦茶効率悪い!!!

人間には忘却曲線と言って

どれだけ一度で必死に覚えたことでも明日には殆どを忘れてしまうという性質があります。

一個一個丁寧に英単語を覚えるというやり方は労力のわりに報われません。

英語学習の基本は勢いなのです。

1000単語を一週間以内に取り組む

金のフレーズなんかは英単語が1000語載ってますが、できるだけ早く1000単語に目を通し、何度も何度も繰り返します。「覚えること」そのものよりも「単語を眺める回数」を増やすことの方が大事なのです。

1週目は発音を聞かながらそれに合わせて音読します。んで英単語を見て1秒かけても訳が思い付かなかったらその単語は覚えてないのと一緒。一瞬で単語の意味がわかったら単語の横にチェック。これを繰り返します。

英語の長文を読むとき、特に問題文までもが英文のTOEICに取り組む時に、英文を見て一瞬で意味がわからないととてもじゃありませんが時間が足りなくなります。

例えば↓の単語を見たとき

apple

a・p・p・l・e……?

アップル?

あ、「りんご」だ!

…なーんて考えてる時間が無駄!

英単語を覚えるということはapple言われたらりんごそのもののイメージが瞬時に浮かぶレベルのことを指します。

仮に覚えなければならない対象の単語帳が金のフレーズなら1000語そのレベルに引き上げないと身についたとは言えません。

月並みだけど大切な「見る」「聴く」「口に出す」!!

わたしはこの金のフレーズは一日200、300個ずつ英単語をリスニングと音読を続けながら目を通し五日ほどで一周終わらせました。

そこからひたすらリスニングと音読です。一周目は1000個の単語を五日間かけてやりましたが、2周目からは一日か二日で1000語一気に復習しましょう。見たことがある単語なら復習するスピードも早くなってるはずです。

書いて覚える(ディクテーション)というやり方もありますがここまで単語数が多いと時間の無駄なのでやめて下さい。

量にもよりますが少なくとも20、30周すれば少なくとも8割は覚えられていることでしょう。

そこまでやっても覚えられていない単語というものがあると思われますので、そこで初めてノートを作り、覚えていない単語や派生語や英語の言い回しを書き留めましょう。そして見返しましょう。

最終的に英文聞いただけでパッと情景や細かな意味まで取れるようになればオーケーです。(でも定期的に聴く癖はつけて)

あと、この手の話題には必ずと言っていいほど「単語帳は一冊だけを完璧にすれば大丈夫でその後は長文読解でわからない単語を覚えて行けばいい」という意見が出ますが、

わたし個人の意見としては単語帳一冊完璧にするだけでは足りないのでレベルの違う複数の単語帳それぞれを完璧にしようと言いたいです。

単語帳一冊だけではそれがどれだけ優れた単語帳であっても抜け漏れはあるしそれぞれの単語帳に強みがあるからです。

もちろん文法演習やリスニング、長文も並行してね。

まぁ、英単語の勉強に関して言えばどれだけ単語帳の数をこなしても知らない単語が全くないという状況が無くなるということはないでしょうがねえ…