依存や自己憐憫を断ち切って自分で幸せになる覚悟を持とう

どうして嫌な人に出会ったり嫌なことばかり起こるんだろう…と考えてしまうことってありますよね。

わたしも経験あります。

悪い出来事やスゲー陰気な人ばかり周りにいてネガティブな気持ちにさせられる毎日。

そう言った時期は必ず自分も同じように暗くて後ろ向きな自分でした。

大体さ、嫌なことばっかり!!あいつは嫌な奴だ!!…と考えてしまう時は「依存心」が強い時なんだよね。

何にでも自分がなんとかするしかない、(嫌な人がいたとしても)別に自分は自分なんだから嫌な人がいたとしても自分のやることをやるだけだから関係ないと思える心があれば。

つまり自立心があれば不平不満を言う前に行動してると思う。嫌な人だと必要以上にその人のことを思い続けてしまうときはその嫌な人に依存しちゃってるんだよ。どうしてあの人は嫌な人なんだとあれこれ思い悩む行為は実は自分の思い通りに動いてくれない相手に執心していることと同義だ。

自立心がある人間は、気にしないか実際に理性的に適切なアクションを起こす。

何かの宗教じゃないけどさ、「明るい態度や気持ちは明るいことを引き寄せる」も「暗い態度は暗い人や暗い出来事を引き寄せる」は本当だしこの世の真理だと思う。これは誰かから聞いた普遍妥当な意見ではなくわたしが身をもって体感した真理である。

じゃあどうすれば良いことを引き寄せるんかという話だけど、これも月並みだけどいつも笑顔でいることだと思う。

いやお前いつも笑顔でいる人間は嫌とか前に言ってたじゃんって話だけど

人の目を気にして場をなぁなぁにする為の笑顔なのか

自分を幸せにしてあげる努力をした結果から導き出された笑顔なのか、その違いである。

心からの幸せから出てきた笑顔は間違いなく良いことを引き寄せてくれる。