空飛ぶ絨毯に乗った黒柳徹子

今日はやべえ夢見た。

何故か自分は測量の仕事やってて、水が干上がった用水路の測定やってた。

んで、一緒に仕事してた同僚が何故か妖怪で確か一つ目小僧と提灯お化けだった。

用水路を降りて作業してると向こうから突然ドドドドとものすごい音が聞こえて上にいた同僚が「おい、何か来る!そこにいるとやべえぞ!!」と自分を引き上げてくれた。

で、離れたところで様子を伺っていると、なんと向こうから川を空飛ぶ絨毯の様に乗りこなす黒◯徹子が現れたのだ。

用水路を飛び出し縦横無尽に空中を飛び回ったかと思えば

やがて空に去って行ってしまった…。

疲れてるな…わたし…